妊娠中期はいつからいつまで?妊娠中期に注意すべきこと【学生出産した私の体験談】

妊娠 出産 子育て 育児

こんにちは!学生ママブロガーのちび98です!

前回は妊娠4ヵ月の胎児の大きさについてご紹介しました。赤ちゃんの成長のスピードは早く、1㎝ほどだった体が4ヵ月で10㎝ほどになっています。すばらしい👏

今回は、妊娠中期はいつからいつまでなのか、妊娠中期に注意すべきことについてご紹介したいと思います。

妊娠初期はつわりがひどかった人も妊娠中期に入ると落ち着いてくる人が多いのではないでしょうか。個人差があるので、出産するまでずっとつわりと戦う人もいますが…比較的軽くなるのが妊娠中期いわゆる安定期という時期です。

この期間に性別も分かると思うので、赤ちゃんグッズを買いに行く人が多いと思います。つわりも少し軽減している方は出産準備グッズ、赤ちゃん用品を買いに行きましょう。

妊娠中期はいつからいつまで?

妊娠中期、この期間に入ればまず一安心する妊婦さんが多いと思います。安定期とは不安定な体調、つわりが落ち着いてくる時期のことをさしますが、安定期に入ったからぱったりなくなるわけではないので体調の変化に気を付けましょう。

妊娠中期は妊娠5ヵ月(妊娠16w0d)~妊娠7ヵ月(妊娠27w6d)までの時期を言います。妊婦健診は何も問題がなければこの期間1ヵ月に1回になります。次の健診まで長く感じるかと思いますが1ヵ月もあけても大丈夫なくらい赤ちゃんは大きくなって安定しているということなので安心して過ごしましょう!

妊娠中期の過ごし方 注意すべきこと

妊娠5ヵ月になるとお腹のふくらみが目立つようになってきます。服は締め付けられない服がいいと思います。私はロングワンピースをよく来ていました。大学に通っていたので、「パンパンだね」等言われたくなく、なるべく妊婦とわからない格好を心がけていましたが、気にならない方は好きな服を着るといいと思います!

体調が安定してきた妊婦さんはこの頃から出産準備・。産後準備をし始める方が多いと思います。里帰り出産する妊婦さんは、分娩する産院を地元で探して連絡をしてみましょう。通っている産婦人科で「里帰り出産を希望していますか?」や「いついつまでに里帰り出産をする産院を決めて来てください。」など指示があると思うのでそれに従って動いていきましょう。

働いている妊婦さんはこの時期に入ったら産休・育休について確認しておくと良いと思います。復帰を考えてる方は復帰時期なども話すといいですね。

パパママ学級というものにも参加することをおススメします。私の産院は立ち会い出産を希望する方は必ず参加しなければならないものでした。同じ時期に同じ産院で出産予定の夫婦が参加するのでママ友をつくるチャンスだと思います。(旦那さんがいると別に他の人に話しかけなくてもことは進むので私は作れず)

自治体や民間の企業などでもパパママ学級は開講されているのでぜひ参加してみてください!

私は大学もあって全く参加しませんでしたが、行くとよかったかな?と思っています。私の友人はかなり通っていて、楽しいと毎回言っています!

この時期に同棲のために引っ越しをしたりする方も多いと思いますが、無理せず重たいものは持たないように過ごしてくださいね。

おわりに

安定期に入ったからと言って、気が完全に抜けられないのが妊娠であり出産です。

つわりが治まったからと言ってたくさんの食事をとると体重がどんどん増えていきます。お腹の赤ちゃんに栄養を与えるため食事は必要ですが、つわりなどの反動で過剰に食事をとるのはやめましょう。病気や出産時、お肉でスムーズに赤ちゃんがでてこなかったり、胎児が大きくなりすぎて帝王切開になりますよ。

運動も可能ですが、激しいものは体の負担になるのでやめましょう。また、流産の可能性が妊娠初期よりも低くなったものの少なからず流産の可能性はありますし、この時期の流産の原因は喫煙、肥満、感染症など妊婦さんが気を緩めてしてしまったことが流産に繋がることが多いです。

気を緩めすぎず、体調管理をしっかりしていってください。最近では新型コロナウイルス感染症なども流行しています。マスクをしっかりして予防できることはしていきましょう。

楽しくなる時期だとは思いますが妊婦さんということを忘れず、楽しいマタニティーライフを過ごしてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました