【学生出産した私の実体験】陣痛が始まってから出産まで

妊娠 出産 子育て 育児

こんにちは!学生ママブロガーのちび98です!

前回は妊娠41週の胎児の大きさについてご紹介しました。正期産最終週でしたが 無事出産を終えることができましたか?42週まで産まれない場合は産婦人科の先生の判断で出産になると思います。無事、母子ともに出産を終えられよう頑張ってください。

今回は私自身の陣痛が始まってから出産までをご紹介します。

まず、出産は十人十色なので私の出産までの流れが全く同じようになることはないです。それでも、陣痛や出産は不安なことが多く、どんな動きをすればいいのか気になると思うのでご紹介したいと思います。

陣痛から出産までの流れ

時間(40w3d)様子
20時生理痛のような痛みを感じる
21時~
(翌日)9時
30分、1時間に1回お腹の軽い痛み、ほぼ寝れず
9時お腹の痛みが少し強くなり始めた(陣痛間隔15分)
10時陣痛がきている間は動けないくらいの痛み
11時お腹の痛みが強くなりはじめた(陣痛間隔が10分)
12時産婦人科に電話をする(5分間隔になったら再度電話するように指示を受ける)
13時陣痛に耐えながらお昼を食べる
14時陣痛がくると腰も痛みを感じる(陣痛間隔3分~5分)
15時産婦人科に電話をする(病院に来るように指示される)
16時準備をして旦那さんの運転で産婦人科へ向かう
17時陣痛室に通され、ピンクの出産時の服に着替える(子宮口4.5㎝)
18時病院食がでるも陣痛間隔が短く咀嚼できず、9割残す(陣痛間隔3分)
19時助産師さんに子宮口を開かせるため、手を股から入れられグリグリ
19時半頭が産まれる方向ではないため四つん這いになり腰を振る
19時40分助産師さんの子宮開きのための処置グリグリ(子宮口9.5㎝)
20時助産師さんが頭の方向を股から手を入れて確認そして破水させられる
20時10分陣痛室に移動(陣痛間隔1分)
20時半出産の準備完了(分娩台にのり、点滴を取り付ける)
20時35分陣痛がきたら息を止め、踏ん張る (繰り返す)
20時40分院長がきて、髪の毛が見えている次の陣痛で踏ん張るタイミングで切ると言われ、最後のひと踏ん張りをする
20時45分会陰切開後、2回の踏ん張りで長男誕生

上記は、私の長男の陣痛から出産までの流れです。妊娠40週3日の妊婦健診に午前中に行き、子宮をグリグリされて、帰宅すると、生理痛のような痛みを感じるようになりました。はじめは、動けるくらいの軽い痛みで、30分や1時間など1回1回の陣痛の間隔が長く、夜も30分や1時間寝られるくらいでした。

翌日の朝から12時までに動けないほどの痛みになり、四つん這い、横向き、座った体勢などいろいろ試して、自分が1番耐えられる姿勢を探っていました。私は、座った体勢が一番耐えられました。腰に痛みを感じ、お尻に痛みを感じるようになってきました。

15時に産婦人科に行き、車の中でも3分~5分の間隔の陣痛に耐えました。

陣痛室でNSTをお腹につけた状態のまま陣痛に耐え、助産師さんが子宮口の開きをみるため、股に手をいれますが、陣痛の痛みがあるときに行うので陣痛は痛いし、股に手を入れられグリグリ子宮口を広げられるのでこの瞬間が一番辛かったです。

この助産師さんの行為を3回ほど行って、子宮口は全開になり、助産師さんに破水をさせてもらいました。水風船がお腹の中で割れたようなお漏らししたような感覚でしたが破水は痛くなかったです。

分娩台に上がるまでがとても時間がかかり、歩くのもしんどかったので10分ほど時間がかかりました。出産の準備が完了するまで陣痛に耐え、いよいよ踏ん張ってもいいよといわれると、痛みがくるタイミングで大きく息を吸って息を止め。踏ん張る。これを繰り返します。ここで息を止めるのが短かったりすると出産が長引くと思ったので、1回1回、長く息を止め、踏ん張りました。私は合計で5,6回で長男を産むことがでできました。

おわりに

出産当日どんな流れなのか、どんな動きをすればいいのか、不安だと思います。私自身このような動きでしたか、陣痛が始まるタイミングから違うと思うので、参考程度にしていただけたらなと思います。

まず、初産の場合、陣痛間隔が5分にならなければ、産婦人科に行けません。焦って、陣痛がきてすぐに産婦人科に電話せず、まずは、陣痛の様子を見ましょう。

陣痛のような痛みを感じたら、軽食を食べておくことが重要です。陣痛はいつまで続くかわからないので食べられる時にしっかり食べておくことが大切だと思います。

出産は本当に女性にとっては人生で1番痛いと感じることだと思います。怖いかもしれませんが、皆さんのお母様もこれを乗り越え、今、私たちがいます。ここまでお腹の中で育ててきたので、あとは我が子に会いたい気持ちを強く持って、頑張ってください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました