【エコー写真】性別の見分け方 男の子のエコー画像 女の子のエコー画像

妊娠 出産 子育て 育児

こんにちは!学生ママブロガーのちび98です!

前回は妊娠7ヵ月の胎児の大きさについてご紹介しました。妊娠7ヵ月になるとお腹の大きさがだいぶ目立つようになってきます。内臓が圧迫されるので少し苦しく感じたり、かがむのが辛くなったり、お腹が大きくなることで体が重たく感じると思いますが、疲れを感じたら休むようにしてくださいね。

今回はエコー写真で性別の見分け方をご紹介したいと思います。

赤ちゃんの性別ってすごく気になりますよね。私は、妊婦健診で男の子です女の子ですねと言われても家に帰ってもう一回確認したくらいです。(笑)

男の子のエコー写真 男の子の特徴 

・陰茎(いんけい:おちんちん)や陰嚢(いんのう)睾丸(こうがん:たまたま)が見える

男の子にはたまたまとおちんちんが股の間に見られるとすぐに判断されます。比較的男の場合は早い段階で性別が確定すると思います。たまにきれいにおちんちんを股で挟んで女の子に見られることがありますので、妊婦健診行くたびにおちんちんを見せてもらうといいですね!

陰嚢だけみると女の子の特徴であるコーヒー豆のような葉っぱの形に言えますが、そのなかに白い丸いもの(たまたま)が写りこんでいると完璧に男の子ですね。

上の写真は私の息子のものです。矢印のある黒く写っているのが陰茎です。性別を聞いた時に「はい、男の子ですね。」と産婦人科の先生も確定事項のように告げていたので、男の子は案外わかりやすいのかもしれません。私は先生の言葉で男の子で間違いないんだなと思いました(笑)それでも家に帰ってネットで見比べましたけどね…。

女の子のエコー写真 女の子の特徴

・葉っぱ・コーヒー豆が見える

女の子は判断が難しいですが、股の間に三本黒い線で2つの白いものが見えたら女の子です。これを「三本線」と呼んでいたり、「木の葉型」、「葉っぱの形」「コーヒー豆」と呼んでいたりします。「割れ目」というワードが聞けたら、女の子ですね。

また、子宮が確認出来たら確実に女の子です。産婦人科の先生と一緒にエコーをみながら何となくでいいのでここが子宮かぁと思いながら聞くといいですね。

女の子は男の子に比べて判断がしずらいので、産婦人科の先生もあまり断言してくれません。男の子にも陰嚢といって割れ目のものがみられるので判断が難しいことがあります。

上の写真は私の娘のものですが、股の部分におちんちんのようなものは見当たりませんね。女の子と判断されたのは8ヵ月健診ぐらいだったと思いますが、妊娠5ヵ月健診から「今日もわからないね。」「今日のところは女の子かも?」とずっとあいまいな性別でした。そのため、女の子の特徴であった、木の葉型をみても、たまたまじゃないのこれ?と疑ってしまい、産まれるまで女の子が産まれると信じてませんでした。(笑)

自分のエコー写真ならわかるけど他の人のものだとわからないこと結構あると思うので、囲ってみました。女の子本当に微妙ですね(-_-;)とてもはっきり木の葉型が見えたのですがエコー写真としてもらえず、USBにも入ってなかったので、残念です…。

これは男の子の玉じゃないの?という股の間に丸いものが写りこんでいるものもあるので、自分で男の子、女の子判断するのは難しいですね…。

おわりに

ベビーグッズの準備や名前を決めるにあたって、産まれてくる子の性別がどっちかすごく気になりますよね。性別が分かることが妊婦生活の1つの楽しみなのかもしれません。

しかし、性別が分かる週数に妊婦健診があり、「今日、性別がわかる!」とワクワクして行くと、今日はわからないと言われてショックだったり…(笑)私は娘の時そうでした…。

いろいろありますが、とにかく男の子にせよ女の子にせよ、元気に産まれてきてくれればそれが1番です!そのためには、まずお母さんになるご自身が元気に過ごすこと。残りのマタニティライフも楽しんでください。つわりの方はもう少し頑張りましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました